心の学びをして良かった事は休日をちゃんと休日で過ごせるようになったこと 「私が何もしなければ、人は置いていく」 ビリーフを持っていた僕

心の学びをしてきて良かったなぁと、感じることがある。

それは、

休みの日に、

心から、

休めるようになった。

昔の僕は、これができなかった。

会社員時代なんて特に酷かった。

休んでいても、どこかで仕事のことを考えている、ワクワクしてやっているなら良いかもしれないけれど、

仕事のことを考えていない自分が、なんだかわからないけど、怖かった。

多分、価値がない自分になるのが怖くて、会社や組織や社会から置いていかれて、居場所がなくなるのが怖かった。

自分の中で、休んでる間にも世界は動いていて、自分は、置いていかれると言う感覚があった。

私が何もしなければ、人は置いていく。

この信念(ビリーフ)を私は固く信じていた。

いや信じていたと言うよりも、当たり前だと思っていた。

どこか記憶にないぐらいの幼い時に、これを学んだ体験があった。

母親が「お兄ちゃんだから、ちゃんとしなさい、置いていくわよ」の言葉、

何度も、母から言われていた。

もちろん、母親は、僕を痛めつけるつもりで言ってはいない。むしろ、逆で、愛があるからの言葉だったと思う。

でも、幼い僕は理解できず、自分なりの解釈を作った。

「やっぱりそうだ」という体験を重ねて、「私が何もしなければ、人は置いていく」信念(ビリーフ)を強化させてきた。

例えば、小学校で塾に行って勉強しなかったら成績が悪くなり、下のクラスに移動する、中学入試、大学受験や、社会人になってからの会社での体験、そして双極性障害の精神疾患から回復のプロセス、全ての体験で、このビリーフを、「あー、やっぱりそうなんだ」と、いうふうに感じてきてた。

LPLを受講してから、このビリーフに気づけた。(昔の僕は、そもそも、そんなビリーフが自分の中で動いているなんて、気づいていない)

「それは本当ですか」

「それは本当に本当ですか」

と、問い直しができた。

そのおかげで、このビリーフが無くなるのでなく、そういう時もあるよねーと緩んできた。

ビリーフと向き合うと、そのビリーフは無くならなければいけないという、また別の信念が出てくる。僕もそうだった。でも、無くならない。どんなに無くそうとしても、無くならない。

そのビリーフを持っているのは、今までの人生にはとても必要だったものだから。

逆に、このビリーフがあるから、ストイックに行動する自分も居る。双極性障害が完治できた理由の中の一つにもなるだろう。

無くすのではなくて、「そーゆー側面もあるけれど、一方で、有っても、無くても大丈夫だよねー」という感覚。

僕は、そうなって来て、楽だなーと気づいた。

そもそも、働くために、生まれてきたんじゃないよね。

と思うし

リラックスして呼吸している自分も素敵だなと感じている。

Keep it real. 軽く生きよう~

記事タイトルとURLをコピーする

\16人の方が登録中/