「本当に欲しいものは手に入らない」ビリーフ(思い込み)を持っていた僕のパターン

夢を見た。大学時代に好きだった女の子が歩いている、彼氏も横で歩いている。それを追いかけている夢だった。

朝起きて、「あっ」と感じ、

「本当に欲しいものは手に入らない」という言葉が、降ってきた。

そう、その女の子に、告白すらしなかった自分がいた。

そんな中、当時は全く気づいてなかったが、「本当に欲しいものは手に入らない」パターンを繰り返していた自分だった。

例えば、2016年、メガネを作りに眼鏡屋さんで、普段使いに加えて、パソコン作業用のメガネも作ることになった。そのパソコン作業用のメガネはレンズの端が極端に薄くなるため、フレームレスのメガネは難しいと言われた。

(「ダメとは言われていなくて、難しい」と言っている)

そこで、当時の僕は、「ああっやっぱり」と感じて、フレームありのメガネを作った。

でも、気に入らない。フレームなしの眼鏡を、僕は、好きだから。

結局、高いお金を使ったのに、ほとんど使わなかった。

そして、5年後の2021年に、メガネを作り直した。その時は、相手のことより、自分自身の「こうしたい」という気持ちを大切にして、できるかどうか難しくても、

眼鏡屋さんで、僕は「できれば、パソコン作業用のメガネもフレームなしのデザインを選びたいのです」と、自分の気持ちをスムースに伝えていた。

その時は、LPLを再受講中だったこともあり、自分の ビリーフパターン(思い込み)に気づき、そのパターンを超えた自分に成長している真っ最中だった。

眼鏡屋さんも「レンズの形を工夫するとフレームなしデザインも選べるかな、ちょっと待ってね、、、、あっ、レンズは分厚く重くなってもいいかな、(普通、メガネのレンズは軽くするため、薄さを優先することが多い)その組み合わせだといけるね」と。

ビリーフ(思い込み)のパターンの中から、外に出た瞬間を体験した。

おかげで、以前はほとんど使わなかったPC作業用のメガネも、毎日使うようになった。

ほんの少しの一言、自分の気持ちを、僕は、、というアイ・メッセージで伝えることで、

その一言で、

その後、今まで全く使わなかったPC用のメガネを毎日使うようになった。

自分の気持ちを大切にしたことで、大きな変化になっていく。

ビリーフは、自分自身の中では当たり前になっている。無意識の領域だ。自分では、そのビリーフに気づけないことが多い。

気づけたのは、LPL受講の中で、カウンセリング・セラピーのセッションを受けて、一緒に探求し、自分の中にあるビリーフ(思い込み)に気づくことを伴走してくれた、カウンセラーさんの存在。

人生のどうして、、というパターンを作っているのが、無意識のビリーフ(思い込み)。

ここを紐解いていくことが、人生を自由にしていく一歩に。

ただし、自分一人では絡まっている紐の中から絡まりを解こうとするので、大変。

伴走してくれる、見守ってくれるカウンセラーに助けて支えてもらうのがいい。

カウンセラーに相談するなんて、弱い自分だ、心理的な病気と思われるかも、、これも、無意識のビリーフ(思い込み)かもしれないし、自分の無意識(自我・エゴ)は、変化しないように巧みにコントロールしてくる。

ちょっと気になった、、というあなたは、下のリンクをタップしてメルマガを登録しようーヒントが届くよー

追伸、写真は、LPLの仲間が撮ってくれた1枚、感謝。

Keep it real. 軽く生きよう~

記事タイトルとURLをコピーする

\16人の方が登録中/