思い込み(ビリーフ)「私はいらない子だ」が見つかったクライアント体験:「僕は僕で生きていく」を感じた

2022年4月に、思い込みの解放(ビリーフリセット)のセッションを受けた。

ここで浮上したのは「私はいらない子だ」という自分を存在否定する思い込みだった。

無意識レベルで自分自身を否定していた

自分で自分自身をめっちゃ否定している。「私はいらない子だ」は、親との関係で学び、自分を守るために持った思い込みだが、大人の今は、人間関係、特に、仕事の人間関係において「私はいらない子」とならないために、頑張って相手に認められようと、自分のことは放ったらかして相手のことばかり考えたり、自分の気持ちを言わず、相手に受け入れられようとする行動パターンを繰り返していた。

その自己パターンの根っこに近づけたのが、この「私はいらない子だ」の思い込みだった。

「私はいらない子だ」は無意識レベルの思い込みだったのだけど、ここに至るまで、シータヒーリングのセッションを受けたり、何度もクライアント経験を行ってきたことで、意識に上がってきて、言葉にできた。

日常のちょっとした時の行動パターンに現れていた

よく小百合さんと一緒に仕事をしている日に、「食事に行こうか」となり、「何を食べに行こう?」と聞かれても、自分が何を食べたいのかという気持ちが湧き上がらず「何食べたい?」と質問に質問で返していて、「いや、だから何を食べたいの?💢」と、、そんな会話が日常だったが、ここにも、自分のニーズを言えない、”自分のニーズを言えば、相手は見放す”という思い込みパターンがあって、その土台に、「私はいらない子だ」があるんだなぁと。

思い込みを持っていることのデメリットを感じる

セッションの中、この「私はいらない子だ」思い込み・考えを持っていることのデメリットをファシリテーターさんに誘導してもらいながら、挙げると、、

  • そう考えているとき気分は
    • 緊張している、かちっとしている
  • そう考えているとき
    • 体は肩がこる
  • そう考えているとき人との関係は
    • 相手が望むことを言わないといけないと思う
    • 相手をわからなきゃいけないと思う
    • 自分から友達になりたいと言えない
    • 本音が言えない
    • うまく言わなきゃと思っている
    • 役割をしなきゃいけないと思っている
    • 「わからない」と言えない
    • 何かやってないと、役に立ってないとだめ
    • 受け取って、何かしてあげなきゃという気持ちになる
  • 他に残念なことは
    • 自分を否定し続けて人生を終える

思い込みを持っていることのメリットを感じる

  • 自分を納得させることができた(母が子供の僕を見てくれない現実を受け入れられた)
  • いらない子にならないように自分を守れた
  • スキルが身についた
  • 口下手にならなかった

置き換えて、どう感じるかのワークを行う

■内容を反対に変える

「私はいらない子だ」 → 「私は愛されている子だ」

  • なぜなら
    • 僕は母の子だから
    • 母は僕の可能性を見て向き合ってくれていたから
    • 35歳の病気の時にあきらめないで母は横にいつも居てくれた

 母との関係が、僕の中で鍵になっているのを感じ、それを一般化している自分に気づいた。

■主語を変える

「私はいらない子だ」 → 「あいつはいらない子だ」

  • 実例をあげると
    • 仕事の関係性でこっちを見てる感覚がない人に(冷たい態度で)やっていた
    • 自分を見てくれない相手との関係を切ってきた

 今までの人間関係の中で、どうして関係性が途切れるのか、そのカラクリを感じた。

■全部自分に

「私はいらない子だ」 → 私が私自身に「私はいらない子だ」と言っていた

  • 実例)
    • 自分の能力が足りないと思ったときに、自分自身を切り捨てていた
    • 病気になったときに、自分が自分を見なかった (自分を見捨てた、自殺未遂を起こした)

■どちらでもいいにする

「私はいらない子だ」 → 「私はいらない子でも、愛される子でも、どちらでもいい」

  • なぜなら
    • いらないと表現していようが母の愛は伝わってくるから
    • いらないと言われても自分の存在は消えないから(腹が知っている)
    • 母親の価値観が全てではないから。僕は僕で生きていく、価値観まで同じになる必要はない。

「僕は僕で生きていく」を感じれたのが良かった。

セッションを振り返って

セッション実施日は、2022年4月1日と記録シートに書いてあり、翌日から松山自主トレに参加するために、ドーミーイン松山に宿泊している最中にzoomで、LPLの仲間のYちゃんにセッションをしてもらい、たまたま、macのファイルを整理していたら、セッションの記録シートのWordファイルを見つけて、今、記事にまとめた。

いや、今のタイミングだから、ブログに書けるんだなぁと感じる。

自分が肩こりが酷い原因の一つが、この思い込みを背負い込んでいたからと感じる。あの頃に比べたら、からだもずいぶん軽く、生きているし、自分の気持ちを感じながら生きている。

なにより、2022年4月にこの思い込みに気づけたことで、その1ヶ月後のLPL認定試験で、

  • 相手が望むことを言わないといけないと思う
  • 相手をわからなきゃいけないと思う
  • 本音が言えない

このパターンを手放せていたので、試験のセッションで、、なんとかギリギリセーフで立て直しできたなぁと感じる。

宇和島鯛めしの思い出

そんな松山、訪れたのは、道後温泉の宇和島鯛めし「丸水」さん。

美味しかった。

Keep it real. 軽く生きよう~

記事タイトルとURLをコピーする

\16人の方が登録中/