エニアグラムは気づきと自己変容への道『新版 エニアグラム【基礎編】 自分を知る9つのタイプ』を読んで

エニアグラムは、自分自身への気づきと自己変容に繋がっている。

それを感じれるのが、『新版 エニアグラム【基礎編】 自分を知る9つのタイプ』の 71・72 ページの文章だ。

フィーリング・センターに属するタイプだからといって、ほかの人々よりも気持ちが豊かであるということにはなりません。同様に、思考センターに入っているからといって、他の人たちよりも知的ということにはなりません。実際は、それぞれのセンター機能(本能、 フィーリング、思考のいずれか)の周りに、自我がもっとも強く形成されています。したがって「もっとも自由に機能できない、こころ(サイキ)の要素」なのです。どのセンターと主に関係しているかということは、本質的能力や機能が、いかなる範囲で阻害されたり、 歪められているかも表します。そして、性格構造は、本質が阻害されているところのギャッ プを埋めようとするのです。自分のタイプが属するセンターは、本質からの収縮と性格構造 による人工的な埋め合わせが、どこでもっとも強く働いているのかを示唆してくれます。

初めて本を読んだときは、何のこっちゃ?

さっぱり、書いてある言葉がわからなかった。

3つのそれぞれのセンター機能

センター機能とは何か?

エニアグラムの9つのタイプは、本能フィーリング思考、と、3つの大きなグループに分かれる。

センター タイプ
本能 8、9、1
フィーリング 2、3、4
思考 5、6、7

今になって、ここに書かれていることが、エニアグラムの軸と感じている。

各センターの中心になる 3・6・9 が三角形で結ばれ、残りの 6 タイプが変形 6 角形と円の 3 つの図形を組み合わせて、エニアグラム図になっている。

エニアグラムは、どうして、この図なのか?という疑問に対して、体感で腑落ちした。

初めて、エニアグラムの診断を行なったときは、多くある性格診断の 1 つと思っていた。

それは、大きな誤解だった。

エニアグラムは、歴史が長いから、人類の叡智が詰まっている、という理由でなく、エニアグラムは、「気づきと自己変容」につながる探求の道であることを感じている。

エニアグラムを知って 5 年、ずっと性格判断のツールと思い込んでいた。

が、違った。

そうでなく、その人の幼い子供時代に、もらえなかった(本当は欲しかった)体験から、思考でサバイバルしたのか?フィーリング(感情)でサバイバルしたのか?それとも、本能(肚)でサバイバルしたのか?どの3つなのか?で、思考の5〜7なのか、フィーリングの2〜4なのか、本能の8〜1なのか、になり、さらに、外界の環境に対してエネルギーを向けたのか、自分の内面の衝動にエネルギーを向けたのか、それとも 外側と内側の両方にある脅威に対抗するようにエネルギーを向けたのか、自我反応の方向性の組み合わせを基本として、9つのタイプになる。

エニアグラムは、性格判断でなく、気づきと自己変容 への道につながっていると、僕は気づいた。

Keep it real. 軽く生きよう~

記事タイトルとURLをコピーする

\16人の方が登録中/