深瀬さん 宮古島リトリート 2日目の気づき

(2023-09-28に公開した記事を再編集してアップしています)

・朝のワークショップで引いたカードは「愛」自分の中の愛を自分自身が以前は受け取ってなかったが、最近、その愛を受け取っていることを感じる。

・ワークショップのワークを行う中で、豊かさの循環のイメージ、その循環の中に自分がいる、今、それを感じていると、右目からスーッと涙が出てきた。同時に、12年前には「どうか、健康だったら、他は何も入りません」と願い、そして、それが叶ったら、不安に駆られている自分が滑稽に思えた。ゼロからここまでやってきたんだから、何を不安としているのか?

・なべ底に行く前に、自分の中の探求が「お金と愛と自己評価の循環をブロックを外す」と定まった。

午後からは、島でハーブ園を営むガイドさんの案内で、通り池の奥へ、サンゴで出来たトゲトゲで崖に近いルートで、聖地 ”なべ底” に。生まれ変わりの儀式へ。

(聖地なので、ガイドしてもらわないと、行けない場所です)

産道を通り、羊水へ。泳ぐのが苦手なので、ライフジャケットを着ているので、大丈夫なのだが、身を委ねつつも、はじめは、首の力が抜けない。

耳に水が入る怖さを感じ、ただ感じて、ただ身を委ね(サレンダー)て、こころを開き、ここに受け入れてもらえたことを感謝し、力を抜き、身を委ねることができた。

身を委ねていると、水に浸かった耳から聞こえるのは、静寂。

そして、しばらくすると、心臓の鼓動する音。

こころが今、ココにある、を感じていたら、

ばー〜〜っと、イメージが、腕の筋肉あたりから出てきた。

それは、小学校4年生の夏、カブスカウトで大学のプールで水泳訓練の時に、僕は溺れた。

プールサイドで、深そうだな、、と、水面を見ていた。大学のプールで、1.8m か、2m ぐらいの深さがあるプール。

深すぎるので、プールのところどころに、オレンジの土台が沈んでいて、そこだけは浅くなっていて、みんなはそのポイントのあたりのプールに入っていたが、

僕はどこがそのポイントなのか、探していたのか、(よく覚えていない)

その時、どんと背中を押されて、プールに落ちた。パニックだった。

結局、引き上げられて、溺れかけで済んだが、怖かった。

この時のイメージが出てきた。今も、書いていて、からだが強張る感じがある。

そう、この体験から、

僕の中に、「いつ何時、後ろから蹴落とされるかもしれない、蹴落とされたら、死ぬ」という感覚が、からだの奥深くに根づいた、、か、、

そうか、そうだったのか、、と、浮かびながら、感じていた。

それは、怖かった、そう、怖かった、こんな怖いおもいは二度としたくない、

だから、プールでなくても、ただ歩いている時でも、いつでも、

「いつ何時、蹴落とされるかも、と、からだが常に非常事態宣言で”身構えて”生きてきたんだ、あ、、、、あー、、と、その非常事態宣言はしんどいし、緊張しているし、でも、死ぬことよりはマシ、とやっていたのか、だから、双極性障害というメッセージだったのか、と」

でも、今の僕は、大人で、何かあっても対応できる力があるし、蹴落とされても、助けてと言えるし、実際、その時も助けてもらっているから、今、生きているんだし、双極性障害の時も、たくさん助けてもらった、今なら、対抗する力もある、なので、起きてもないことに、備えている人生だったのか、と思うと、

約40年ぐらいの人生、もったいなかった、と笑えてきた。このもったいなかった、という感覚は、ローマ字入力を20年やった後に、親指シフトで文字を書くようになった時に感じた感覚と似ていて、本当に人生、もったいないなぁと、いう感じ。

この身構えて生きている感覚が、お金と愛と自己評価の循環を止めているブロックだと、気づき、

その気づきに、感謝で心を満たして、この羊水と言われる なべ底 の海水に、もう一度、感謝しつつ身を委ねた。

まさに生まれ変わりの体験だった。

気がつけば、40分強 海水に浮かんでいた。

そして、バスが止まっている駐車場に戻る道で、僕のからだに余分な身構える力が入っているのを感じて、からだを緩めた感覚があったのが嬉しい。

しっかり、この緩んでいる感覚をからだで感じて、元々は自分の中にあったことを思い出せる時間だった。

本当に、来てよかった。

そして、今のタイミングで呼ばれた気がする。

そう感じている。

記事タイトルとURLをコピーする

\16人の方が登録中/